一生を自分の歯で過ごそう!日頃からできる基本的なお手入れ

>

歯のお手入れ方法について

基本的な歯のお手入れ方法

歯をお手入れする方法として最もスタンダートなものが歯磨きとうがいです。
遺伝的に虫歯になりやすい体質でない限り、歯と口腔の状態が悪くなければ歯磨きとうがいだけでも、歯のお手入れには十分なほどです。
年齢を問わず歯磨きとうがいは歯のお手入れの基本中の基本であると同時に、毎日続けられる最も簡単で効果的なお手入れ方法になるでしょう。

歯のお手入れにおける主体は歯磨きとうがいですが、歯磨きとうがい以外にも歯のお手入れにはいくつかあります。
歯間ブラシやデンタルフロス、ワンタフトブラシを用いた、歯間や歯ブラシの届きにくい場所へのケア、フッ素の含有量が多い歯磨き粉の使用なども効果が見込めます。

虫歯を予防するには毎日のお手入れが非常に重要となり、お手入れを怠って一度、悪性細菌の増殖を許してしまえば、虫歯を発症するリスクが爆発的に増加しかねません。

歯のお手入れで最も大事なこと

歯のお手入れにおいて基本中の基本とも言える歯磨きとうがいが、最も重視されるのは、口腔内に基質が残っている時間が長ければ長い程、口腔内の悪性細菌が増殖してしまうからに他なりません。

口腔内の基質は、すぐに取り除いてしまわなければ短時間のうちに歯垢を形成し、歯垢が硬化して歯石になってしまうと、歯磨きやうがいでは取り除きにくくなります。

基質を素早く取り除くなら基質を直接取り除くことができる歯磨きとうがいが適しており、ストレートに歯のお手入れとして効果を発揮するのです。

つまり歯のお手入れの肝は、口腔内にいかに基質を残さないかが重要であり、逆に言えば基質さえ残さなければ、虫歯を発症するリスクは格段に軽減されるでしょう。


この記事をシェアする