一生を自分の歯で過ごそう!日頃からできる基本的なお手入れ

>

原因ごとの虫歯予防

体質と生活を鑑みての虫歯予防

遺伝的な体質による虫歯の発症しやすさについてはどうにもなりませんが、生活によって虫歯を発症しやすくなることについては、正しい対処法が予防につながります。
生活の乱れが免疫力を低下させ、虫歯という感染症の発症に至ることを踏まえて規則正しい生活と健康的な食生活を送れば、虫歯の発症リスクを抑制できるでしょう。

また遺伝によって体質的に虫歯を発症しやすい場合でも、フッ素の塗布や歯科矯正により環境を整えれば、虫歯予防を行う事は不可能ではありません。

虫歯の一因となる体質や生活ですが、生活に関しては生活を改善すれば虫歯対策になります。
遺伝による体質であっても、予防歯科により虫歯の発生リスクを抑制することで一定のフォローができます。

基質の摂取に対する虫歯予防

砂糖を豊富に含むお菓子やジュースを食べると虫歯になりやすいことは、多くの方がご存じではないかと思います。
なぜ、砂糖の含有量が多い食品や飲料を飲食すると虫歯になりやすいのかと言えば、虫歯の主要な原因となるミュータンス菌の主食が砂糖をはじめとした、ショ糖類に類される糖類であるからに他なりません。

このような悪性細菌のエサとなる糖類は基質と呼ばれ、口腔内に長時間留まってしまうと悪性細菌が増殖し、歯垢や歯石といった悪性細菌のコロニーを形成してしまうのです。

基質が含まれる食品多くは、お菓子やジュース、果物といった甘い食品に加え、砂糖や水飴などの分かりやすく甘い調味料なので、基質が含まれる飲食物を避けたり食後速やかに歯磨きやうがいをしたりすることが虫歯予防につながります。


この記事をシェアする